派遣なら正社員を目指すつもりで

どもりを治すのは難しい

息子がどもるようになったのは幼稚園の年長組になってからでした。どうしても気になるどもり 原因←こちらへ。
それまでは普通に話していたのが、ある時話し初めの言葉がなかなか出てこないのに気が付きました。子供の頃のどもりはそのうちに治ると言われていましたし、本人にあまり意識させるのも良くないと思い、特に対策はとらずに様子をみていました。
ところがその後も良くなる気配はなく、スムーズに言葉が出てこなかったり、言いたいことがうまく言えなかったりする様子が目につくようになりました。ただ本人はあまり気にしていないようだったので、私は敢えて矯正しなくてもよいのではないかと考えていたのですが、夫は私とは違いかなり気になっていたようで、どもりを改善させる為のプログラムを受けさせることになりました。
週一回専門の機関に通い、呼吸法や発声の仕方、ゆっくり話す練習などを3年くらい続けました。プログラムを受けている時は特に問題なく話すのですが、家に帰ってくると元に戻ってしまい、結果としては改善されることはありませんでした。
それからもう20年近くたちますが、息子のどもりは治っていません。本人も周りの人達もさほど気にしていないようですが、
本当のところはどうなんでしょうか・・。どもりは治すのは難しいですね。詳しくはどもり 原因をチェック!